SSブログ

昭和の日に思う

連休が始まった。今日は、昭和の日らしい。らしい、と言うのもどうもこの名称は私にはピンとこない。昭和の時代には天皇誕生日だった。4月29日と言えば、天皇誕生日というのが、私の感覚なのである。今は平成を経て、令和も3年となったわけだが、今日は東京では新型コロナ感染者数がまた千人を越えたとのことだ。感染力の強い変異株が主流になっているのが気になる。この状況ではオリンピックの開催は無理だろう。代表に決まっている選手や準備に邁進してきた関係者は無念だろうが、少なくとも私の頭でいくら考えても開催できる気がしない。これからどういう流れで中止になるのだろうか。それを注視していきたいと思っている。

夢を描いていたことが残念なことになってしまう。残念なことはなるべく少なくあってほしいというのが人情だが、しばしば起こることである。入学試験に落ちてしまう。大好きで結婚したのに、離婚になってしまう。事業が発展していたのに不治の病となり、余命を意識する状況となってしまう。様々な人生がある。プラス思考でやっていこうという考えはよいとは思うのだが、うまくいかないこと、残念なことも、それはそれとして認めてやらなければならない。

認める。そこから新たなスタートが始まる。私がごくふつうの精神科医とならず、精神分析家となったのも、医師国家試験に落ちた。そのことがスタートだったと思う。誠に有難いことであった。
nice!(21)